昭徳館ブログ

昭徳館

 

写真

2018-06-25

写真

2018-06-25

インターハイ予選

2018-06-25
土曜日に宇都宮で行われたインターハイ予選の団体戦の審判に行ってきました。
一中の卒業生が多く入学している我が母校の白鷗の応援も!
準決勝からゆっくり見られましたが、男子は準決勝で文星芸大付に先鋒の失点はあったものの、昭徳館の宇賀神・齋五澤がしっかりとポイントを取って2-1で勝利。
役割を全く果たせず引き分けだった選手もいますが、そこは白鷗の自力でしっかりと勝ち切りました。
 
決勝戦は白鷗--國栃
先鋒では2年生がしっかりと相手を受けとめて引き分け
次鋒戦は2年生同士の対決で技あり勝ち
中堅は取らなければいけないのにだらしない試合で引き分け
副将で圭太が出ばなに相手の猛攻で足技を受けてしまい技あり負け
同点となった大将戦で両校のキャプテン対決でこうすけ登場
相手は81kgながら関東の無差別個人で3位
しかし開始から組手で圧倒して最後は相手が大外に来たところを返して一本勝ちで6連覇達成でした。
 
小学時代からこの年代は揃っていたのですが、団体での全国は一度も出られず。
やっとの思いで全国の切符を手に入れました。
試合が終わった後に夜の練習に来てみんな笑顔でした。
圭太の母ちゃん上機嫌でマシンガントーク炸裂でした。

不審者

2018-06-22
最近は学校からの連絡は結構メールが多くなって来ました。
急な連絡や時には不審者が出たとか?!
常念寺で学童保育をやっているので、帰って来る子供達が遅かったり休みがちな子がいたりすると、三重小学校の方までバイクで見に行くことがあります。
 
先日も新しい子が学校の出口で泣いてたよ!なんて子供たちが帰ってきた時に言っていたので、バイクを走らせて様子を見に行ってきました。
バイクで走りながら小学生の子供たちとすれ違う度に顔を確認していましたが、そこでちょっと頭をよぎったのが、この様子を他の人から見たら俺が逆に不審者だな!だって子供が通り過ぎて行くたびに顔を見てたら、何か物色しているみたいで、しかも最近は子供たちが不審者らしき人を見かけたら保護者に伝えて保護者が学校に連絡を入れる、そして学校がメールで一斉送信か登録している人にメールで配信される。
「黄色い原チャリに乗っている不審者がいます」なんてメールに出そうだと思いました」
 
そして学校帰りの学童の子供達の数十メートル以上離れたとこに男の人が歩いていましたが、もしかするとこの人もそんな事になりかねない。そして案の定、子供たちが学童に着くと「変な人が後ろからついてきた」と言っていましたが、私から見るとその人も同じ方向に行きたかっただけで、しかもそこは一本道でそっち方面に行くにはそこしか通る道がないのです。
 
だから難しいと思います。不審者なのかそうじゃないのかを判断するのは。
なかなか私も見に行くのが微妙ですね。
腕章とかしないと簡単には見回りに行けない感じかな?
変に卒園生に学校帰りや公園などであったりして声をかけると、他の人に通報されるかも?
そんな時代になって来ました。

お決まりで!

2018-06-20
今日は誰のブログも日本のサッカー関係でしょうね!まあ「お決まりですね!」
でもよく勝ちました。大迫・香川が良かったな~~乾が今一つ!次戦は宇佐美に変えられるかも?!
まあでも試合開始そうそうにハンドで一発退場はコロンビアにとってもあの選手にとってもかわいそうだったかも?!
だって今まで4年間やってきた積み重ねがワールドカップに来てたった数分で終了。
レッドカードはちょっと分かりませんが次戦も出られず!累積イエローカード2枚は一試合出られないですが、レッドカードは何試合出られないのだろう?
あの選手はもしかするともうワールドカップ終了になってしまうのはかわいそうだと思います。
 
柔道で例えるとインターハイ予選でちょっと前のルールですが、相手の下半身に相手が掛けてきた技に対して手が触れて「反則負け」を受けた位のショックだと思います。
まあハンドですが、あからさまにバレーボールの様にボールを手で叩きに行ったのではなく、肩から腕にかけての部分にボールが当たった感じでしたが、まあルール上ハンド&レッドなんでしょうね!
10対11でハンデをもらい良い試合となりました。
まあ日本はよく走ったと思います。長友が気合入ってたな!
 
さあリーグ二戦目に突入ですが強豪国で勝ちきれなかった国が強豪国同士と試合になったりと更に本気モードに突入してきます。
ますます寝不足!
でも開催国のロシアは何気に強い!

6月の予定

今月のビックリドッキリ予定!

2018年06月
社会福祉法人善隣学園
常念寺保育園
〒326-0814
栃木県足利市通7丁目3094
TEL.0284-21-2016
FAX.0284-21-2017
1.一時保育 2.延長保育 3.学童保育 
 
3
2
8
4
5
3