本文へ移動

昭徳館ブログ

昭徳館

RSS(別ウィンドウで開きます) 

アメリカトーク1(めっちゃアメリカ!)

2024-06-28
それではアメリカの話しをちょいちょいして行きます。
今回大会が行われたのはペンシルベニア州のピッツバーグでした。
どこ?って感じだと思いますが、もうちょっと頑張ればニューヨーク!
まあアメリカの右の方って感じで覚えておいて下さい。
まあ二度と行くことはないと思うので、皆さんも行かないでしょう!
長男にとってはアメリカ本土へは初めて。いつもアメリカに行くと言えばハワイだったので、行く前に「ハワイをアメリカだと思うなよ!」とは言っておきました。

行きの飛行機の座席指定が出来てなかったので、早めに空港に行こうって事になり夕方の4時の飛行機でしたが、足利を9:30のリバティーに乗って出発。行きのスーツケースはまだ軽かったな~~~
試合する柔道衣だけは海外では荷物が届かない事が多々あるので手荷物で3着持って行きました。

羽田に着いて出発!先ずは11時間掛けてミネソタのミネアポリスへ。
長旅の11時間ですが、飛行機の中ではビールを飲んでワインを飲んで日本で観たかった(この辺では伊勢崎の映画館でしか上映してない)ボブマーリーの映画を日本語の字幕も吹き替えも無しでジャマイカなまりが凄いので英語の字幕で観られたのは最高だたったな~~。11時間かけてミネアポリスへ到着。
そこでイミグレーションを通るのですが、アメリカのパスポートを持ってるクリスティと智は違う所に並んでスイスイと列が進んで終わり。私は外国人用のレーンに並んで1時間くらいかな?並んで、イミグレーションにビジネスかサイトシーンか?とか色々聞かれてやっと通過。

乗り継ぎで2時間ちょっとありましたが、荷物を1回ピックアップしてまた預けて、手荷物検査でまた並ぶ・・・
まあ時間が掛かりました。そして搭乗ゲートまで来たときに智が「めっちゃアメリカ!」って。
周りを見渡すとアジア系も0.2%位しかいなく、ほとんどが白人でみんなデカイ!

ミネアポリスからピッツバーグまではバラバラの席で2時間でしたが、出発して約22時間掛けて到着しました。
空港にハワイのチームの友達が迎えに来てくれてやっとホテルに到着。
すぐさまスーパーに買いものに行って、メッチャデカいブリトーを買ってホットソースをトッピングして貰って食べたけど、美味かった~~~けど、後で悲劇が・・・・
その話はまた後で!とりあえず到着までの話し!

中学地区予選

2024-06-27
まあ中学生は春の大会がなくなったから公式戦が少ない少ない。
団体戦に出る人はマガジン杯・地区予選・マルちゃん杯・総体県大会・新人戦・等ありますが、個人戦だけの選手は市民戦・足利祭り・地区予選・県大会くらい
少ないな~~中学の大会。大学より少ないか??

地区予選の全体の結果はイマイチ分りません。
男子は3年生は全員県大会へ。
2年生もまあまあで。
1年生はそこそこ・・・

内容も聞いてないので分りませんが、ヒロは2位で県大会へ。
航介に煽られてるのが良いのか?!1年で上位を目指して頑張るそうです。
まあそのためにアメリカ行きを断念して残ったのですから、その分、地区予選も本人なりにプレッシャーがあったと思いますが。

夏の総体まで1ヶ月切りました。只今一中は試験前で朝練なしですが、試験が終わったら朝練で恒例のアレかな!!
その前に今週の土曜日は国体予選。航介がやらかしてリョウヤが出られず・・・
栃木に取っても痛手・・・60kgで出られれば優勝出来る技とスタミナを持ってます。
練習も乱取りを一本も休まず全部やりますから!

国体予選も結構OB・OGが出場して面白くなります。
そして日曜日は関東マルちゃん杯
冬から夏にかけて中学生の成長が見られる大会。

インターハイ結果

2024-06-26
大会の情報が満載過ぎて分りません。
金曜日は中学生の地区予選。次男は初の中学公式戦。この試合があるためにアメリカ行きを断念して1人で残ると言った決意もある大会。結果は後で!
土曜日曜は全日本学生優勝大会。
そして日曜日はインターハイ予選団体戦。

その中から本日はインターハイ団体の報告を!
男子は白鷗が盤石の勝ち方で取る選手がしっかりと取って3-1で優勝。
まだまだ課題はあると思いますが全国で大暴れしてきて貰いたいです。

女子は決勝で1-2で敗退。二連覇はならず・・・
先鋒でのぞみがしっかりと一本勝ちで流れを作りましたが中堅戦で1本負け。
大将戦で引き分けで代表戦を!と思いましたが、序盤にポイントを取られて敗退でした。

残念ながら見ることは出来ませんでしたが、3年生に取っては最後のインターハイ予選。
思いを込めた試合が出来たと思います。まだまだ今週も国体予選があるし、金鷲旗も待ち構えているし、3年生には頑張る姿を後輩に見せてもらいたいです。

結果は残念でしたが、やって来た過程は素晴らしかったと思います。
来年はこの3年生の思いを乗せて頑張るしかない!

色々と思いはありますが、また後で

大会2日目

2024-06-24
アメリカの大会の2日目です。
インターナショナルジュニアです。
アメリカ人以外のジュニアの選手も出られる大会です。

何も上に繋がってない大会なので全米ジュニアに出た選手はほとんど出ず。
智の階級は5人だけのエントリー。
一回戦で相手を投げた時に相手が手をついて怪我・・・
智にケガをさせるな!って言ったら、「予想以上に手が長かった」って・・・
相手はウクライナ人だったかな・・・

その後も3試合やってオール一本勝ち。
サンノゼの友達たちも見に来てくれて応援してくれました。
でも子供たちの試合から始まり会場に行ったのが7時30分で智の試合は112試合目で、待ちに待って最初の試合が始まったのが3時過ぎ・・・
一日中会場にいました。

結果オール一本勝ちで優勝。
試合の感想はまたあとで!
これから空港に向かってピッツバーグからデトロイトまで1時間。
そのあと乗り継いでデトロイトから羽田まで13時間ちょいの長旅です・・・
どこでもドアが欲しい!!!!

それではこれから帰ります。

全米ジュニア結果

2024-06-23
全米ジュニアに智が参戦した結果を発表です。
2回戦が優勝候補とされてた相手とでしたが、1回戦で試合早々に技ありを取って余裕で行くかと思ったら、相手の接近戦で体力を消耗して寝技で返しにいったら失敗そてそんのまま抑え込まれて逆転負け。

ここで本当は終わりですが、アメリカルールは二回負けないと終わらない。
まあなんとか命拾い。
とりあえず敗者復活戦の方に回り、一本勝ちを続けて敗者復活の準決勝で一回戦で戦った相手に今度はリラックスして開始早々に内股で技あり、その後すぐに送り足払いで一本を取って勝ち。

敗者復活の決勝も相手がバックに来たところを大内で合わせて一本勝ち。
6試合戦って6一本勝ち
そして負けたのに決勝へ進出。

ここでルールのおさらい。
二回負けないと終わらないルールなので決勝の相手はまだ負けなし。
もし智が勝ったら相手に1敗がつくので、もう一度決勝。
智が負けたら智は2敗になるので終了。
まあややこしいです。同じ相手と三回やることも普通にある。

相手は全米シニアの大会でも優勝して国際大会でも勝ってる選手ですが、引き込みと肩車を連発して技数で指導を取りにくる選手でした。
審判も技数だけみて指導を与えるので智は指導2を取られて勝負に行ったろころと返されて、肩から落ちましたが一本の宣告を受けて負け。
まあしょうがない・・・

結局準優勝で終了。
国際大会の緊張と時差ぼけと試合前から色々な人に声を掛けられ本人は一回戦があまりにも力が入らず大変だったと良い経験が出来たと思います。

まあなかなか出来ない経験で良かったと思います。
まあ勝ってれば世界ジュニアでタジキスタンでしたが・・・

明日はインターナショナルジュニアで連戦です。
ケガをしないようにリラックスで頑張れせます。

今月のビックリドッキリ予定!

1
2
3
4
5
6
7
 関東ジュニア・東京ジュニア
関東ジュニア・東京ジュニア
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
 中学県総体
中学県総体
21
 中学県総体
中学県総体
22
 金鷲旗
金鷲旗
23
 金鷲旗
金鷲旗
24
 金鷲旗
金鷲旗
25
26
27
 国体強化練習会
国体強化練習会
28
 国体強化練習会
国体強化練習会
29
30
31
社会福祉法人善隣学園
〒326-0814
栃木県足利市通7丁目3094
TEL.0284-21-2016
FAX.0284-21-2017
1.一時保育 2.延長保育 3.学童保育 
 
0
6
3
7
8
6
TOPへ戻る